社会福祉法人神奈川民間保育園協会

保育理念Childcare philosophy

保育園の運営方針

保護者との連携を密接に図りながら、保育園の運営にあたる。
児童福祉法に基づき、保育に欠ける子どもの保育を行い、子どもの最善の利益を考慮しながら、福祉の増進や家庭支援、就労支援に努める。
子どもが安定した生活の中で過ごし、未来を見据えての成長発達を促す、養護と教育が一体となった保育を行っていく。

保育の基本理念

・一人ひとりの子どもの人権を尊重する
・文化を創造する子どもを育てる

保育方針

・子どもの欲求を受け止めながら、生命の維持や情緒の安定を図り、保育園が安心して過ごせる生活の場となるよう努めていく。
・子どもが快適に過ごせるように、衛生的で安全な環境を整え、一人ひとりの子どもの発達に即した援助をしながら充実した生活をする。
・自然や社会現象への興味や関心を広げながら、遊びへの意欲や豊かな心情、優しく、逞しく生きる力を育んでいく。
・保護者との相互理解を図りながら、基本的生活習慣や社会生活への適応性、健康で豊かな人間性を持った子どもに育てていくように努める。
・様々な人との関わりの中で、互いを思いやる心や自主性、協調性を育てていく。
・子どもたちの心身の発達を食事の面からもサポートしていく。
・地域の人々との交流や子育て支援に努めていく。

保育目標

・心身ともに健康で明るい子ども
・意欲をもって遊べる子ども
・豊かな感性と表現力を持った子ども

Copyright © Kanagawa Minkan Hoikuen-kyokai, All Rights Reserved.